びーだぶ家のキャンピングトレーラー日誌

デリカD:5ディーゼルでキャンピングトレーラー(hobby 490KMF)ひっきーしてます。12歳、9歳、7歳の子供を連れて・・・

デリカD:5リコール(など)発表。これは朗報!

今日2022年2月17日、三菱自動車からデリカD:5のリコール等が発表されました。

f:id:szkthsmk:20220217195444j:plain

三菱自動車HPより

対象車種はLDA-CV1WのデリカD:5です。

主に報じられているのは

①エキゾーストマニホールドの亀裂による排気漏れ

CV1W-0900101 ~ CV1W-1308081
平成24年12月18日 ~ 平成31年1月7日

上記58,297台

リコール等の重要なお知らせ | ユーザーサポート/カーライフ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

 

ですが、上記車種のうち初期の頃は更に

ターボチャージャーシール不良による排気漏れ

CV1W-0900101 ~ CV1W-0912744
平成24年12月18日 ~ 平成26年4月18日

上記11,821台(①のうち初期の頃の車)

リコール等の重要なお知らせ | ユーザーサポート/カーライフ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

も同時に発表されております。

 

その他に同時発表のサービスキャンペーンとして

DPF制御変更の為のエンジン制御コンピュータープログラム書き換え

CV1W-0900101 ~ CV1W-1308081
平成24年12月18日 ~ 平成31年1月7日

上記58,297台(①と同一対象車)

リコール等の重要なお知らせ | ユーザーサポート/カーライフ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

も発表されております。

ご自分のデリカD:5がどのリコール・サービスキャンペーンの対象になっているかは三菱自動車HPの対象車種検索ページから調べられます。

 

これ、前期型デリカD:5ディーゼルに乗っている人にとってはかなり朗報です。

①のエキマニが割れるっていう話や②のターボから排気漏れをしたっていう話はちょいちょいネットで見かけてて、自分のがなったら嫌だな~と思っていました。(当然自腹ですし)

ですが対策品が作られるということと、リコールやサービスキャンペーンで対応してくれるということは無償って事ですからね。嬉しい限りです。

③は”エンジンECUにおいて、排気ガス処理装置を定期的に浄化するためのプログラムが不適切なため、 一部の使用環境や使用条件で正常に作動せず、触媒に付着した排気ガス中の硫黄成分が除去されないことがあります。 そのため、触媒の性能が低下し、排気ガスに含まれる窒素酸化物が増加するおそれがあります。”三菱自動車HP抜粋)ということでECUのリプロだけで済むようですが、どのような内容に書き換えるのかという詳細な案内はありませんでした。もしかすると一部条件ではDPF再生処理のために触媒へ燃料を送出する時間を増やす改良かな?と思います。それだとすると一部条件ではDPF浄化のために使う燃料が増えて見かけの燃費悪化に繋がるかもしれませんね。(今までは浄化温度が足りてなかったのかな?)

そもそも自分の場合、浄化作業は数百キロに1回しか発動しませんでしたからそんなに気にすることもありませんでしたが。

 

③は直接使用者にはそんなに影響は無いですが、①や②に関しても今年の5月中旬頃から対応してくれるそうなので、それ以降は排気漏れを気にせず安心して乗れそうです。