びーだぶ家のキャンピングトレーラー日誌

デリカD:5ディーゼルでキャンピングトレーラー(Hobby 490KMF)ひっきーしてます。基本DIYでのメンテナンスや改造、修理を試みています。

2024/02/10~02/13 蔵王温泉スキー場

2月の3連休1回目は山形県にある蔵王温泉スキー場に行ってきました。

2/8(木)~2/9(金)は息子が学校のスキー合宿に行っていたのですが、その帰りを待って蔵王に向けて出発です。息子、タフだな~(笑)

 

横倉第3駐車場

自宅からおよそ4時間かけて蔵王温泉スキー場に到着しました。

駐車したのは昨年の訪問時と同じ【横倉第3駐車場】です。

ここは横倉ゲレンデ(蔵王ロープウエイ山麓駅)からとても近いのに車中泊できる駐車場で、温泉街へのアクセスも良好。車両も24時間出入り可能です。

駐車料金は平日無料ですが、土日祝特定日は普通車ですと1日¥1,000、うちのサイズのトレーラー+デリカD:5だと1日¥3,000かかります。でも観光地のRVパークだと思えばそんなもんかなって感じもしますし、キャンピングトレーラーがゲレンデ近くに停められるってだけありがたいです。(ちなみに駐車場にトイレはありません)

夜間に除雪が入ることがありますが、小さい駐車場なのであっという間に作業を終えて撤収していきますし除雪車が静かなタイプなので助かります。

 

今回の蔵王は3日間滑ることにしているのですが、3日券を買うよりも各種割引サイト等で購入した1日券を毎日買う方が得だったのでその方法にしました。

 

今日は天気が良いので樹氷原を見てしまおう!と思い最初にロープウェイ2本乗り継いで山頂まで登ってしまおうと考えていましたが、樹氷観光にいらっしゃった中国人旅行者で長蛇の列!その長さなんと3時間待ち!そういえば春節でしたね。しかも今年は史上最長規模の連休ということもあってか、特に来日旅行客が多いようです。

ロープウェイ1本分は諦めて、リフトを乗り継いで行くことにしました。

黒姫ゲレンデ(1,400m)からの眺め

ここは山頂に向けてリフトを4本乗り継いだ所。何度見ても良い景色です。

この後は山頂行きのゴンドラも1時間ほど並び、出発から約2時間かかってやっと辿り着いた山頂の地蔵岳エリア!

樹氷

樹氷

物凄い景色に感動してしまいました。子供の頃から含めて何度も蔵王には来ていますが、ほぼ毎回吹雪いていたので自分の中では「とても過酷な場所」というイメージがあったのです。

昨年の樹氷原の様子

それが今日は素晴らしい快晴!そして風も穏やか!

間近で見られるところもありますよ

安全ロープより先には入ってはいけませんが、ゴンドラ降り場近くにはすぐ目の前で観察できるところもあります。

今日来て良かった~!(めちゃめちゃ混んでるけど)

 

非日常体験

こんな素晴らしい景色の中を滑れるなんて、なんと素晴らしいスキー場なんでしょう!

ちなみにこの樹氷は年々小さくそして少なくなってきてしまっているみたいで、いつまで見られるかわからない状態だそうです。原因としては蛾やキクイムシによる食害でトドマツの立ち枯れが発生し、尚且つトドマツは実をつけるのが発芽してから50年以上経過後であり、成長は年数cm程度と非常に遅く、子孫を増やすことが困難なんだそうです。

植樹も行っているそうですが現状を維持することは難しいという話もあるようなので、今日のこの景色が子供達の記憶に残っていてくれるといいなと思いました。

 

樹氷をゆっくり見た後は樹氷原エリアから降りて、行く当ても決めずぶらぶら流しに行くことにしました。

本当に最高!

菖蒲沼ゲレンデには去年無かったパークがあったので遊んでみたり

今年はパークがオープン

↑息子飛んでおります

 

中央エリアにて

前回蔵王に来た時にはあまりハマらなかった中央エリアに来てみたところ、なぜか今回はドハマりしたのでずっと中央エリアで遊んでみました。お昼に入ったレストランもボリュームもあって美味しかったので更にお気に入り。

 

ひとしきり遊んだら、夕方は温泉街をブラブラ

「雪ぐら」にて

いつものお店で美味しい”玉こん”を食べて、お風呂に向かいました。

自噴源泉すのこの湯「かわらや」

この「かわらや」は去年も来た温泉でして、蔵王温泉に点在する共同浴場とは違って浴室の奥にシャワー室があり、シャンプー、ボディーソープが備えられているのでお気に入りです。そしてドライヤーも受付で貸してくれて受付横の洗面台で使用することができます。

ちなみに蔵王温泉全体的に言えることとして聞いた話なのですが、強酸性湯なので基本的に石鹸は効きませんし石鹸の利用は控えるべきなんだそうです。(アルカリ性である石鹸が役目を果たさない&体に残った石鹸のせいで温泉の効能が弱まる)。また、酸性の湯気でコンセントや電気機器がすぐ腐食して壊れたり火災の原因になるので脱衣所にドライヤーが備え付けられませんし、金属製のロッカーも置けないんだそうで。

たまに蔵王温泉で「いまどきシャンプー、ボディーソープも無ければドライヤーも無い」という口コミを見かけるんですが、備え付けられない理由があるというのを理解したうえで温泉を楽しむ必要がありますね。

 

話は戻りまして、この”自噴源泉すのこの湯”って、なかなか聞かない言葉ですよね。

それもそのはず、なんと浴槽の床がすのこになっていて、その真下が源泉噴出場所なんです。つまり、空気に触れていない源泉に浸かることができるというとっても贅沢な温泉なんです!なんでもこういった温泉は日本に100か所程度しか無いとか?

蔵王温泉 日帰り温泉 すのこの湯 かわらや

 

浴室は階段を下りた先

受付を済ませたら奥に階段があり、降りていくと脱衣所・浴室があります。

男女ともに脱衣かごが8人分ありますが、6人くらいしか浴室には入れないので少し待つ必要があることも。また例によってロッカーはありませんから、貴重品は受付で預ける必要があります。

 

素晴らしい温泉に浸かった後は、コレ!

風呂上がりのビール♪

入浴&ビールセット¥1,200というのがあります。もう言うこと無しですよね!

※徒歩で来ております

去年来たときはコロナの影響でお通しが乾き物だけだったんですが、今年は小鉢も付いてきました。これがまた美味しいんです。(内容は日替わりのようです)

 

トレーラーへ戻ります

気持ちいいお風呂にも入り、美味しいビールも飲み、この後はトレーラーで夕ご飯を食べて就寝となりました。

 

翌2/11

若干の積雪あり

昨日リフト券売り場が混雑していたので、今日は一人だけ早めにチケットを買いに行くことにしました。が、意外に空いていたので「チケット売り場は何時からやっているんですか?」と聞いたところ『普段は8:30位なんですけど・・・昨日物凄い混雑したので今日は7:30位から開けちゃいました』とのこと。なるほど。

 

今日もロープウェイは2時間以上待ちの長蛇の列だったのでリフトで登っていくことにします。

ちょっとガスってます

昨日とは違い山の上の方は雲の中って感じで視界が悪かったので、今日はジュピアゲレンデの方に降りて遊んでみました。

そういえばゲレンデの端っこにシングルリフトがあったよな~と思って見てみたら稼働中の様子。実はうちの子達シングルリフトは未経験でして、「乗る?」と聞いたら『乗ってみたい!』と。

シングルリフト

何でか知りませんがシングルリフトがとても楽しかったらしく、トータルで何本乗ったことか(笑)

現存しているシングルリフト、しかもパラレルとなるとかなり数が少ないと思われますので貴重な体験ができたと思います。

そしてこのシングルリフトのゲレンデで滑っていて気が付いたんですが、今までペア、トリプル、クワッド等のリフトに乗る時には必ず同乗者(小さい子)が揃うのを待たなければいけなかったんですがシングルなら待つ必要無し。つまり、各々が自分のペースで滑って降りてを繰り返せるんですよね。

意外なストレスフリーに気が付いたのでした。

 

そろそろ終わりにしようか~って事で帰りのためのゴンドラに乗ろうと思っていた矢先、謎のガンダム集団が!

ガンダム集団

ガンダム集団

とりあえず全力で手を振ったら応えてくれました(笑)

衣装や小物は全部手作りなんだそうですよ!凄っ!この中の何名かは大阪から12時間かけて運転手を交代しながら運転してきたとの事で、はるばる遠くから蔵王の平和を守りに来てくださって感謝です。(違う?)

 

山の上の方のエリア経由で戻り中

はいはい仲良く滑ってくださいな!(仲良いんですけどね)

 

技を披露中

「見て!新しい滑り方!」

『前見えてないからやめなさい』(ほんとアホだ)

 

トレーラー充電中

トレーラーに戻ってきました。我が家のトレーラーは200Ahのバッテリーを搭載していますが、特に節電を意識しないと2日半位しか持たないので3日以上の時には自作ポタ電を持ってきてトレーラーに100Vを給電してます。ソーラーパネルがあればな~。

 

街ブラ&温泉

今日はお土産屋さんを見て歩き、また玉こんを食べて昨日と同じ温泉に行きました。

古い温泉街雰囲気が良い

今日も風呂上がりにビールを一杯!

 

翌2/12

蔵王ロープウェイ山麓

今日もロープウェイ乗り場は樹氷観光客で長蛇の列。

ちなみに今日は【スキーこどもの日】で、小学生のリフト券が¥1,000と激安!

小学生のスクール生もいっぱい居ました。

ロープウェイはパス

今日もロープウェイには乗らず、リフトを乗り継いで上がっていきました。

子供達に「どこ滑りたい?」と聞いたら『一人乗りリフトの所!』と言うのでそこまで移動します。

午後まで楽しみました

すぐ隣のゲレンデはスクール生や団体さんでごった返しているんですが、同じ斜度なのにこっちのゲレンデは空いていて安全です。

ガラガラ

まぁ、隣のゲレンデはペアリフトやクアッドリフトがあるので混んでて当然っちゃ当然でしょうけども。

 

竜山ゲレンデ

蔵王温泉スキー場の一番左手にある竜山ゲレンデに息子と二人で来てみました。

女児達は先程の一人乗りリフトの所で滑っているというので別行動です。(と言ってもすぐ見える程の隣のゲレンデですが)

竜山ゲレンデは駐車場とスキー場の連絡用に作られたゲレンデなんですが、混雑していないし広いのでスピードを出して滑るのにも向いています。

蔵王温泉スキー場をほぼ一望

そして何気に景色が良くて、蔵王温泉スキー場のコースを望むことができます。

左上の方に見えているのがザイラーコースで右上の方は横倉の壁かな?

あの山の向こうにもゲレンデがあるんですから、いかに蔵王が広大かがよくわかります。

負荷が気持ちいい

ここ最近、息子とスピードで競うようになってきたのでこのコースで競ってみました。

もちろん、前に滑走者が居ない状況で安全が確保できた状態で滑走しております。

 

私のデータ

私:時速69.8km

 

息子のデータ

息子:時速75.6km

あちゃ~、ちょっと負けた!

 

ちなみに、のんびり滑っている長女は・・・

長女のデータ

まさかの爆速!!(笑)

ご覧の通り、位置情報の誤差でワープしちゃったからなんですけども

 

長女「ねぇねぇ見て~、1位とったよ~(ウフフ」

輝かしい(誤)記録

そりゃそうでしょうね(笑)

トレーラー牽引時の法定速度80km/hを超える速度で長女が滑っていると考えると笑いをこらえられなくなった私でした。

 

3日目の今日は早めに切り上げ

道の駅 米沢

14:30頃に蔵王温泉スキー場を出発し、道の駅米沢で買い物とトイレ休憩。眠気防止のコーヒーを購入して19時頃自宅に到着致しました。

 

今年の蔵王は美しい樹氷原を見ることができたし、今まで行ったことがないエリアに行ったり一人乗りリフトに乗れるようになったり子供の滑走技術が向上したりと実り多きスキーになりました。

爆走長女のネタもできたし忘れることはないでしょうね(^^)

 

息子君は5日間連続のスキーお疲れ様!

 

■統計情報
今回牽引距離:560km
合計牽引距離:26,480km
今回出動日数:2泊3日
合計出動日数:143泊212日

DUCATOの運転席に乗降用グリップを取り付ける

大体のミニバンやトラックって、乗り込みやすいようにピラーにグリップがあるものなんですが・・・

デリカD:5の例

DUCATOにはこの位置にグリップがありません。

乗り降りするにはハンドルを持つか、乗り込むときにイスにお辞儀するような感じで乗り込みます。乗り降りが多い仕事だとちょっとしんどい。

なんか既製品で無いのかな~と思って探したんですが、

Fiat Ducato Cab Entrance Grab Handle | Motorhome and caravan accessories

ちょーっと高いかなって思ったりして手が出ませんでした。

そんなこと考えながら数ヶ月。ふと今日仕事に余裕が出たので、勢いで作ってみました。

急に作ることにしたので材料は何も用意してません。家にある物だけでやりくりしてます。

 

まず運転席のピラーカバーを外してみました。

Aピラー内部

ふ~ん、シンプルな造りだなぁ。

穴が何カ所かあるんで、2箇所にM6のナッターを打ち込んで道具箱に転がっていたスチールステーを留めてみました。

で、更に転がっていた20sq電線に圧着端子を取り付けてネジ止めしてみたところ

仮で作ってみた物

見た目は酷いけど、機能的に問題は無し。

 

干渉部分の処理

ピラーのカバーを少し加工して、

 

完成

こんな感じになりました。見た目ダサいですけど、いきなり思い立っての作業で材料費0円・製作時間30分と考えればまぁ良いんじゃないかなと思います。

気に入らなくなったら外せば加工部分は隠れるので復元も用意です。

 

乗り降りしやすい!

これが有ると無いでは大違いです!めちゃめちゃ乗り降りしやすくなって良い車になりました。(笑)

2024/01/27~01/28 石打丸山スキー場

前回ご一緒させて戴いたブロ友さんご家族とまたスキーに行ってきました!

前回は菅平高原スキーリゾート。

 

szkthsmk.hateblo.jp

 

今回は『石打丸山スキー場』。前回と同じくNSDキッズプログラム対象スキー場です。

 

バタバタと支度を済ませ、金曜日の19時頃に出発!

準備OK!

新潟方面へ車を進めて、晩ご飯を食べるために北関東道の太田強戸SAに入りました。メニューを決めて券を買おうとすると券売機ボタンの売り切れ印がどんどん増えていく・・・?ラストオーダーまでまだ時間あるのに何でだ?と思って聞いてみると「ご飯が無くなってしまった」ということで殆どのメニューが食べられず。えーー。

仕方が無いので波志江PAまで行ってローソンで晩ご飯。ま、食べられただけ良いか!

 

その後は合流場所の『赤城高原SA』へ。

合流

前回の集合では我が家が大遅刻してしまいましたが、今回は間に合いました(^^;

赤城高原SAって駐車場に雪が山になってるイメージなんですけど、今年は全然雪が無いんですね。

 

トイレ休憩したりちょこちょこっと打ち合わせをし、その後は2台揃って石打丸山スキー場へ。

ちなみにスキー場へは事前に電話で”キャンピングトレーラー2組で停泊し2日間スキーしたい”旨問い合わせたところ、

・中央口の第1駐車場内にある「宿泊車専用」スペースに停めてくれれば停泊可能(今回だけの可能性もあり)

・朝になったら料金所へ駐車料金を支払いに行って欲しい

・駐車料金は車両の大きさにより変わるので駐車場係に聞いてほしい

・夜間除雪作業が入ることがあるのでご理解を

という事でした。

ちなみに「宿泊車専用」というのは車中泊の事を指しているのでは無く、近隣の宿泊施設を利用している方が終日駐車するためのスペースだそうです。車中泊車が日帰り専用駐車場に夜間も停めていると除雪が出来ないので、今回『車中泊するなら宿泊車専用スペースへ』という指示だったようですね。

宿泊車専用P

オレンジ色で塗ったところが宿泊車専用スペースです。ゲレンデからめちゃ近!

 

無事に石打丸山に到着して指定の場所へ車を停め、就寝。

石打丸山かなり騒がしいタイプの除雪車&除雪機で寝るのに苦労しました。(^^;

翌朝駐車料金の支払いへ行きますと…

車中泊禁止】

大きく【車中泊禁止】と書かれているではないですか・・・。

駐車場係の人に停泊してスキーする旨伝えるとちょっと困った顔されちゃいましたが、事前にスキー場へ問い合わせて”本日停泊することは許可取得済”であり、”駐車場所も指定されていた”件を伝えたところお許し頂けました。(^^;

今回停めた宿泊車専用ゾーン

もし石打丸山スキー場の駐車場で停泊されるご予定がある方は、事前問い合わせと許可取得をお勧め致します。(身動きが取りやすい車なら夜間は近くにある別の駐車場で寝泊まりするのがオススメ)

 

気になる金額ですが、マイクロバスの宿泊車料金¥4,000×2泊=¥8,000でした。駐車料金としてはちょっと高めかな?でもゲレンデに一番近い場所に停められるので子連れには最高です。

 

リフト券は事前WEB購入を強くオススメします。

当日窓口購入だと長い列に並ぶ必要がありますが、事前WEB購入した方は専用の端末に二次元コードをかざすだけでチケットがすぐ発行されます。

事前WEB購入者向け端末

この端末は並んでいても1~2人なので、窓口とは雲泥の差。

特殊な割引や引き換え等が無いのであれば、こっち一択ですね。

ちなみに今回は2日券(¥10,400)を購入。

 

1日目スタート

では今シーズン2回目、よろしくお願いしま~す!

 

ここ石打丸山にはサンライズエクスプレスという最新型のリフトがあり、6人乗りリフトと10人乗りゴンドラがコンビで運行されています。

まずは板も履いていないことですしゴンドラに乗ってみることにしました。

10人乗り

10人乗りって・・・デカい!!そしてイスもソファーのように柔らかい!

そして搬器内の大空間にも感激!そう言えば我々グループ全員いっぺんに乗って移動したのって初めてでは??

 

しかしリフトを降りるとそこは

見えない

周囲が全然わからない真っ白な世界!(汗)

とりあえずゆっくり降りて、もう一回サンライズエクスプレスに行き今度はリフトに乗ってみました。

自動で進む床

ゴンドラの時に誤進入しないよう自動開閉ゲートもあるし、床も動くし凄い!

 

乗ってみたら

凄い!

6人乗りヤバイ!座席幅も大きいしフワフワだし、シートヒーターも付いてるし搬器にサスペンションが搭載されてるから乗り心地が良い!受索も圧索も違いを感じ取れない位です。

あまりの快適さに再び大興奮!(笑)

 

せっかくなので1人先に登って、6人で乗ってもらったところを写真に収めました!

圧巻です

ところで「どうやってシートヒーター動作させてるんだろう?」と思ってリフトメーカーDoppelmayr広報映像を探したところ、搬器が駅に到着してゆっくり運ばれている間にトロリー線から電気を貰って充電し、着座するくらいのタイミングで座席のヒーターをONしているようです。(多分トリガーは給電OFF。充電はバッテリーとかではなくスーパーキャパシターかな?)

Doppelmayr広報映像より

最初「支索からは給電できないしなぁ」と思ってたんでビデオを見て納得。

 

話は戻りまして、頂上まで上がってみました。

何かの鐘

山頂エリアはいくらか見通しも良くて良い感じだったので、しばらく上の方で遊びました。

そんな中、奥さんは周辺を街ブラして美味しい饅頭を見つけてきたようです。

石打まんじゅう

かわいい饅頭

皮は薄め、餡子ギッシリですが甘すぎなくて丁度良いお味。

うちの長女が気に入ってバクバク食べていました。もちろんお土産にも購入。

 

スキー班は昼休憩を挟んで午後も滑ります・・・

迷子必至

が、昼過ぎはこんな感じに霧が濃かったのでメンバーを見失うことも度々(^^;

でも全員無線機を持ってるのでバラバラになっちゃうことはありませんでした。

 

夕方からはナイターを堪能♪

照明も点灯し始めました

この時間帯ゲレンデの下半分は見通しが良くて良い感じなんですが、上半分は見通しが悪くて景色もあまり楽しめずちょっと残念。でも今シーズン初のナイターだったのと、寒くなってきてからはゲレンデも良くなってきたので結構楽しめました。

上の方はこんな感じ・・・

景色が見渡せなかったので、ずーっと1日スキー場の全貌がつかめないまま滑ってた感じ(笑)

 

ナイター滑走を終えたら近くの入浴施設「石打ユングパルナス」へ。

石打ユングパルナス

【公式】ハツカ石温泉 石打ユングパルナス

23:00まで営業しているのでナイター終わってからでも入れます。

ちなみに奥さんが昼間割引券を見つけてきてくれたので少しお安く入れました。

大人のみ値引き可能

食事処で夕食を食べようと思ってたんですが、座席が埋まっていて且つ混雑回避のため急遽時間枠予約制になったということで入店できず。仕方が無いので同じフロアにあるラーメン店に入るも「ご飯が無い」って事でラーメンのみの提供。それでも食べられただけまだマシで、我が家のちょっと後のお客さんは麺切れでラーメンも食べられない状態になってました。きっと予想以上に混雑したんでしょうね。

 

なんだか来る途中のSAでも「ご飯が無い」と言われ、ここでも「急遽予約枠制」や「ご飯が無い」と言われ、今回は食事運が無いです(^^;

お風呂の方はというと脱衣所が狭いということも無く、洗い場の数も普通で、ほんとに普通に良かったですよ。

 

翌朝

今日も行きますよ~!

さぁ2日目も楽しんでいきましょう!サンライズエクスプレスで中腹まで登ります。

まずはゴンドラ

上に着いてビックリ!

視界がクリアー

今日は山が見えます!こんなに広いスキー場だったんですね!(苦笑)

 

やっと景色を拝めることができました

南魚沼の街も見えて、やっと開放的な気分でスキーが出来ます(^o^)

 

主に山頂からのメルヘンコースを軸に

人気のメルヘンコース

昨日は行かなかったハツカ石エリアまで行ってみたり、

ハツカ石エリアまでの林間コース

のんびりクルージング♪

 

石打丸山は高速リフトが多くて良いですね。

珍しい3人乗り高速リフト

先週の積雪でやっと本来のスキー場らしくなってきたからでしょうか、とても利用客は多かったように感じます。

 

お昼を食べたら、末っ子君と一緒にみんなでソリ遊び♪

タンデム滑走

(体重があるから)負けませんよ~

 

お姉ちゃんとも

この日はキッズパークが無料だったので皆で入りました。良かった!

 

パンダスキー

末っ子君はお姉ちゃん達に引っ張られてスキーの特訓をしているようです。だいぶスキーに興味があるみたいですし、近い将来が楽しみですね!

 

あっという間でした

名残惜しいですが、あまり遅くならないうちに帰らないといけませんので着替えて撤収です。(写真中に散らばっている物はきちんと回収してあります)

 

ありがとうございました!

キャンプや来シーズンのスキーも楽しみにしてま~す!

 

■統計情報
今回牽引距離:500km
合計牽引距離:25,920km
今回出動日数:2泊3日
合計出動日数:141泊209日

2024/01/07~01/08 福島県猪苗代エリア ネコママウンテン&グランデコ

年始のブロ友さんご家族と行ったスキーから帰ってきて、あとの3日間は家でのんびりするかなぁと思っていたんですが子供達に「ちなみにスキー行きたい?」と聞くと『行けるなら行きた~い』というお返事。

家でグダグダとゲームやられるよりは良いですし、今シーズンは特にクローズが早そうな気がするので滑れるうちに滑っておきましょう!

 

ちなみに先日ガソリンスタンドのアプリで

無料ペア1日券

ネコママウンテン(旧アルツ磐梯&旧猫魔スキー場)の1日券ペアが当選しました。

家から近いにも関わらず何だか個人的にあまり良いイメージが無いスキー場なので敬遠してましたが(^^;)、使わないと無駄になってしまうのでネコママウンテンに行くことにしました。

 

ネコママウンテン・・・旧アルツ磐梯と猫魔スキー場が山頂のリフトで接続され、1つのスキー場に合併されました。そして旧アルツ磐梯エリアを”南エリア”、旧猫魔スキー場エリアを”北エリア”と呼ぶようになったようです。

 

北も南も共通しているのは駐車場は24時間利用可能で車中泊OK。(HPに記載あり)そして南エリアにはRVパークもあるんです。(めちゃ高いけど)

南エリア駐車場図(出展:ネコママウンテンHP 画像を一部改変)

土日祝日や年末年始は駐車料金がかかりますが、南エリアには全日無料の駐車場があるので今回そこに停めました。6日の夜到着。

無料の”南B駐車場”

翌朝起きると、うっすら雪が積もっていました。

リセットとまではいきませんでしたね。

 

南リゾートセンターへ到着

この日は南B駐車場からは無料のシャトルバスが出ているので移動は楽チンでした。逆を言うと平日でシャトルバスが出ていない場合は700m程歩くことになります。考えたくもない距離ですね(-_-)

しかしベースは土が見えててヤバイです。リフト乗り場前は更にグチャグチャでまるで田んぼでした。ブーツもウエアの裾も泥だらけ。。。

 

この日の営業コースは↓

1月7日(出展:ネコママウンテンHP 画像を一部改変)

ピンクで囲ったエリアだけ滑れました。(ちなみに北エリアはほぼ全面滑走可)

この日の南エリアは水色でなぞってあるリフトに乗ってピンクのエリアに行き、帰りは橙でなぞってあるリフトに乗ってから水色のリフトを下り乗車して帰ってくるという方式です。

 

では早速当選したチケットを受け取り、小学生2人分だけチケットを買ってリフトに乗り込みます!

そして長い「アルツエクスプレス」を降りると

ちゃんとスキー場だ!

山頂はまだ雪も降り続いていて、ゲレンデはなかなかのコンディションか?!

広めのゲレンデは結構楽しかったです。

 

が、リフトは混雑、ちょっと細い迂回コース等は板を駄目にするレベルに酷い状態、リフトはすぐ止まる(どのリフトに乗っても1乗車で5回以上止まってる)し速度回復させない、リフト係が搬器の座面を上げたり雪を払ってくれず座面が氷でガチガチ、休憩しようと思っても食事は推定1時間以上待ち、それに上にも書きましたが麓のリフト前が田んぼ状態で歩けたもんじゃないという・・・

 

長蛇の列

5~6本滑って、もうお尻もビチャビチャで冷たいしお腹もすいたので下山してガラガラのレストランでお昼を食べ、この日のスキーは終わりにしました。

本当は北エリアに行きたかったんですが、この混み具合だと多分行って帰ってくるだけで2.5時間は必要なのでリフト営業時間終わっちゃうよねってことで諦めました(^^;

それに北エリアはきっとガリガリだろうしね…

 

普段ネガティブなことは書かないんですが、やっぱりここのスキー場は自分と相性が悪いのかな。第3クワッドやアルツゴンドラがあった頃は好きでよく来てたんですけどね。

昔のアルツ磐梯

気がついたらどんどんリフトやゴンドラが無くなっていったアルツ磐梯。

系列の他スキー場に移設されていったので、ここは部品取りスキー場って位置づけなんでしょうか(^^;)あと、震災後数シーズン営業休止した後に一気にリフトとコースを減らして再オープンしたにも関わらず、今更猫魔と合併して「エリア最大級!」って宣伝していたのが自分の中でネガなイメージになっているのかも。

 

ま、積雪が十分ある時に来てればもっと良い印象だったとは思いますけども今回は無料なので諦めが付きました!カレーは普通に美味しかったです。

また無料で来られることがあったらイメージ払拭のために来てみようかな(笑)

 

さて、明日もネコママウンテンで滑る理由も無いので予定を変更。

せっかくなので4年ぶり?のグランデコに行ってみることにしました。

 

デリカにトレーラーを繋いで、まずお風呂へ。

ヴィラ イナワシロ

猪苗代スキー場のすぐ下にあるホテルなんですが、日帰り入浴が結構遅い時間まで出来ます。(この日時点では20時最終受付まで入浴可)

以前猪苗代スキー場のRVパークに泊まった際お風呂に入ったのもココ。

フロントで受付をして地下のお風呂に向かうため全員でエレベーターに乗ったら450kg許容なのにブザーが鳴りました。何故?

 

気持ちいいお風呂から出たらファミレスでご飯を食べて、夜のうちにグランデコ駐車場へ。

どこに停めたらいいのかわからなかったんですが、車中泊組やキャンピングカーが停まっていた第1Pの端っこに停めてみました。オレンジの部分です。

グランデコP

グランデコP

ただ、翌朝トレーラーから出ると駐車場係の方が「車が大きいから次からは第2Pのバス駐車場に停めてくれると嬉しい。切り離さなくてもいいから楽だと思う」と言ってきたので次からはそうしようと思います。(話を聞くと上の地図の”大型P”と黄色で囲ったあたりのようです)

第2Pでも地下通路があるのでそんなに距離は変わらないです。階段は凄いですが。

 

グランデコの全景

グランデコは6人乗りロープウェイ(ゴンドラ)とフード&足置き付きクワッド高速リフトしかありません!よくある2人乗りのロマンスリフトと呼ばれるような固定循環式が1本も無いんです。フード付きは強風で止まりやすいというデメリットはありますが、どのリフトに乗っても家族いっぺんに乗れるリフトやゴンドラばかりというのはとても楽しいです。(よく見るとジオラマには今は無き第4QLがありますね)

 

ロープウェイからスタート

チケットを買ったら板を履かずにそのままロープウェイ乗り場に行き、一気にほぼ山頂まで登りました。

1本目

混雑も無く、昨日からの降雪もあってゲレンデは最高!

パフパフです

朝一はこんな感じで気持ちいいところを味わえました(^^)

息子も楽しそう

息子「うぉぉぉ!やべぇ!!楽しすぎる!」

 

テンション上がりまくり

天気も良いしパークもあって楽しすぎ!

何度も楽しみました

自分の中ではもっと飛んでる気がしたらしいんですが、横から見るとそんなに飛んでないんですね(笑)

 

林間コース

こういう林の中を滑るコースも何カ所かあって、めちゃ楽しいスキー場です。

 

我が家のレベルにピッタリ

飛ばせる所はガンガン攻め込めるし、楽しいコースもあって家族全員めっちゃ気に入りました!営業終了までみっちり滑りきって大満足!(昨日酷い体験をしたから余計に)

平坦なところも多くて中級者以上にはちょっと物足りないところもあるかもしれないですが、初心者はとても滑りやすいと思います。景色や空気を楽しんだり遊びながら滑るのが大好きな我が家にもピッタリ。

子供達も「ここのシーズン券買った方がいいんじゃない?」って言うくらいでした。

ちなみにグランデコの早割シーズン券いくらくらいなのかな~って調べてみたら我が家の場合15万円(爆)だいくらスキー場なら5万円だったのを考えると手が出ませんね。早割の1日券とかを買うのが賢明でしょうか。

 

駐車場の階段だけがネックだったから子供が小さい頃は敬遠してたけど、家からも高速使えば2時間半位で着くから日帰りでも来られちゃうし、来る機会が増えそうな予感です。

 

■統計情報
今回牽引距離:440km
合計牽引距離:25,420km
今回出動日数:2泊3日
合計出動日数:139泊206日

2024/01/03~01/05 菅平高原スキーリゾート

皆様、新年明けましておめでとうございます。

年明け一発目のスキーはブロ友さん家族と行ってきました!

 

両家ともにNSDキッズプログラムを申し込んでいたので対象のスキー場に行こうという打ち合わせだったのですが、相変わらず雪が少ないので行けるところが限られます。

鹿島槍か?石打丸山か?丸沼高原か?菅平高原か?毎日のように積雪情報の収集を繰り返して一度は群馬県の丸沼高原スキー場に決まったものの、たまたま前日に丸沼へ行った従姉妹から「ガリガリでとても滑れたもんじゃ無い」という情報を得まして…土壇場で菅平高原スキーリゾートに変更となりました。

菅平には3日前にNSDチケットを受け取る目的+様子見に滑ってきたばかりなのですが、感触は良かったのに5回券で滑ってきただけで満足できてなかったので、リベンジできて丁度良かったです(^^)

 

出発は1/2火曜日。集合場所は上信越道佐久平PAを選定。

予定では14時頃出発して17時頃PAに到着し、お風呂に入って夕ご飯食べて19時頃PAを出発のはずでしたが…

出発準備中の急な来客&出発後に激しい初詣渋滞にハマってしまって、佐久平PAに到着したのが18:30頃になってしまいました。

 

長大なエスカレーター

ここはPA併設のハイウェイオアシスから入浴施設にエスカレーターで上がっていけるので旅の中継地点としてオススメです。

ブロ友さんご家族には遅くなってしまい申し訳なかったのですが、サッとお風呂に入らせて頂きまして合流後は菅平スキー場まで一緒に向かいました。

今回からブロ友さんちの車に無線機が設置されたので、連絡が大変スムーズ(^^)

 

ちなみにスキー場の駐車場は前回我が家で訪問した際に駐車した”裏太郎駐車場”です。

 

 

翌朝1/3

まずチケットですが、菅平高原スキーリゾートには2日券がありますのでそれを購入しました。

お得な割引がありました

2023年12月9日~2024年2月12日 の期間は「うえだ菅平割」という上田市による補助事業を実施しており、菅平エリア全山1日券が¥1,000引き、2日券が¥2,000引きで購入できます。

うちの場合ですと大人1人+中学生1人+小学生2人(NSDなので無料カウント)の計4人が¥12,600で2日間滑れるんです。これはお得でしょ…。苗場とかと比べると半額以下です。

ちなみにこの「うえだ菅平割」は予算が無くなり次第終了です。また、券売所では「うえだ菅平割で」と言わないと通常料金になりますのでご注意ください!

 

話は戻りまして、今シーズン初の合同スキー楽しんでいきましょう~

長野市方面

リフトの頂上から景色が良かったので1枚撮影。多分、雲海っぽくなってる辺りが長野市内?その先は黒姫高原とかその辺りかな~

 

天気&ゲレンデ良好

この日の時点で滑走できるゲレンデはおよそ半分といったところでしたが、長いコースを選んで滑っていれば結構滑り応えがあって良かったです。

 

ガンガン攻めて滑るのも良いですが、こうやってワイワイやりながらの~んびり滑るのも凄く楽しいですよね。

 

お昼頃は滑らずに雪遊びしたりして、

わちゃわちゃ

その後はせっかくなのでダボスエリアにも行ってみましょうってことで道路挟んで反対のエリアに。

太郎エリアには結構積雪有りましたが、ダボスエリアは少し薄かったかな。

ダボス

春スキーとは違ってシャバシャバじゃないから滑りにくいってことはありませんでした。

 

16時頃まで滑って、本日は終了~

この日の記念撮影(うちの子1人居ないけど)

 

この日も前回と同様、20分ほど長野市方面へ山を下りたところにある「湯っ蔵んど」でお風呂と夕ご飯にしました。

www.yukkuland.jp

この日は食堂が激混み(人手不足?)でして、18時に入館したのに退館が21時でした(^^;

ご飯の食券購入から提供まで1時間弱かかりましたが、料理は美味しい方だし広間の座席は十分あるし、料理提供も番号ブザー呼出方式なので特に不満は無かったですね。三が日なので人手が足りないのはどこでも一緒でしょう。

 

この後はトレーラーに戻ってゆっくり寝ました。

 

翌朝1/4

積雪が!

夜中のうちから雪が降り出し、10cm位積もりました。これはゲレンデも期待できそう!

 

麓の穏やかさはどこへやら

しかーし、短いリフト1本上がっただけでもの凄い暴風雪(*_*)風で体が勝手に進んじゃう程。

そして1本目滑り始めた途端に判る新雪の素晴らしさ!息子も「なんだこの気持ちよさは!?」と喜んでました。

 

山頂以外は嘘のように穏やか

風から逃げるために林の中を通るコースに来ると嘘のような静けさにビックリ。

ほんとに山頂だけが凄い風で、10m位降りてくるとほぼ無風。

 

土が消えた

昨日は土が見えちゃっていたゲレンデも、この降雪でキレイになりました。

「すご~い!土が隠れてる!」と皆で感動しているシーンです。

 

一旦休憩

天気もあまり良くないので寒くなっちゃいまして、10時半くらいで一旦トレーラーで一休み。

 

冷凍みかん?

あちらのお嬢様がご自宅から持ってきたみかんを雪の中に入れいます。明日にはどうなっているかな?

 

午後も遅めの時間からまた滑り始め、16時過ぎにはやっと雲も途切れるように。

夕方になって天候も回復

なんだかんだこの日はリフト終了くらいまで滑って終わりました。

新雪を楽しめて良かった~!

雪遊びは続く

終わりの時間なのに、なかなかトレーラーに戻ってこない子達(笑)

 

この日のお風呂も昨日と同じく「湯っ蔵んど」でした。あちらの長男君は露天風呂にある歩行風呂や、りんごが浮かんでいるお風呂が気に入ったようでとても楽しそうでした。楽しいお風呂で良かったね♪

 

翌1/5最終日

名残惜しいですがこの日は昼過ぎにはスキー場を出る予定なので、スキーはせずに雪遊びだけして帰りましょうって予定です。

朝トレーラーから出てゲレンデの様子を見てみると透き通る青空…。

この天気

昨日この天気だったらな~(^^;

 

そう言えば朝ご飯の後、昨日仕掛けた冷凍みかんを食べました。

最高の出来

みかんその物の甘さも然る事ながら、凍り具合が完璧!

何個でもバクバク食べられちゃう美味しさでした。また食べたいな~。

 

裏太郎シーハイルコース

まだオープンしていないコース下部の片隅で雪遊びをしまして、ソリやらかまくら作りをして楽しみましたよ。

 

中でおやつタイム

総勢10名で作り上げたかまくらは、子供なら3人入れるほどの大きさになりました!

3時間くらいかかった?

 

汗ばむ程せっせと働いたので遊んでいる間の写真が全然無いのが悔やまれます。

 

この後は撤収作業をしてトレーラーとデリカを連結し、一緒に帰路につきました。

スキー場からの帰り道は子供を家族間で入れ替えて乗せていたので横川SAで本来の家族組み合わせに戻して(笑)お別れとなりました。

 

またお相手お願いします!ありがとうございました。

 

 

■統計情報
今回牽引距離:570km
合計牽引距離:24,980km
今回出動日数:2泊3日
合計出動日数:137泊203日

2023/12/30~12/31 長野県内スキー旅行 (戸狩温泉&菅平高原)

12/29(金)予定外に忙しかった日でしたが、何とか仕事納めをして19時半頃帰宅。これからこの時期恒例のスキー旅行へ出発です。

 

それにしても今年は本当に積雪が少なくてスキー場選びも大変!

出発直前までどこに行くかなかなか決まらなかったんですが、ウェザーニューズ日本気象協会のHPを参照した上で「このエリアなら滑れる程度には積雪があるだろう」と見込んだエリアに行くことにしました。

本当なら蔵王温泉スキー場に行く予定だったんですけどね。。。あんまりコースもオープンしてないようだったので、2月に行こうかって話になりました。

 

晩ご飯、お風呂、旅の支度を終えて出発したのが22時過ぎ。

まず向かった先は長野県北部にあります「戸狩温泉スキー場」という所で野沢温泉村のすぐ近くです。前日のゲレンデ積雪量の情報では山麓45cm、山頂60cm。

先日は積雪30cmの「だいくらスキー場」で満足に滑れたので、まぁ45cmだったら大丈夫だろうという考え。

 

ちょっと眠かったけれども深夜3時過ぎに到着し、仮眠を取り・・・

戸狩温泉スキー場の様子

ちょっと寝坊気味に起床してゲレンデを見てみますと・・・

えっ!?

全然雪が無い!滑れるの!?遠目で見て判るほど山麓エリアは壊滅的です。

(45cmじゃなくて4.5cmじゃないかと思うレベルです)

 

準備を済ませ、ゲレンデに行ってみるとほぼ草地。大丈夫なのか!?と心配になりましたが山頂エリアに行ってみると

雲海

雪はそれなりにありました。良かった!とりあえず滑れるレベルです。

それよりも素晴らしい景色ですね~!雲海も広がっていてしばらく見とれてしまいました。

 

何本か上のエリアを滑ってみましたがあまり滑れるエリアも無いですし中間以下のコースは泥だらけだし混雑も凄かったので、早めに切り上げてクレープなどを楽しみました。1日券は勿体なかったな。。。

ゲレンデ内「星降るレストラン」

クレープは値段も高くなくて具もみっちりと入っていたのでコスパ良いと思います。

 

ここ戸狩温泉スキー場にはひっきりなしに大型ダンプカーが雪を運び入れていまして、バックホーでゲレンデに雪入れをしていました。数十トンは入れてたんじゃないかな。

とは言っても劇的にコースが良くなるわけではありませんので、明日も戸狩温泉スキー場では楽しめそうにないと判断。どこか違うところに行くか~という話になり決まったのは「菅平高原スキーリゾート」。ここなら今シーズン購入したNSDキッズプログラムのシーズン券も受け取れるし、今日の夜から明日の朝にかけて雪が降るという天気予報も出ています。確かこの日段階で菅平の積雪量発表は40cmで戸狩と似たような数値ですが、人工造雪機が導入されているスキー場なので雪が降らなかったとしても多少期待できます。それにYouTubeライブカメラで見ている限り、コース幅もそれなりにあって地面が見えているということは無さそうでした。

 

暗くなった頃に戸狩温泉スキー場を出まして菅平高原スキーリゾートへ向けて出発。

途中にある入浴施設「湯っ蔵んど」でお風呂と晩ご飯。

www.yukkuland.jp

信州須坂・関谷温泉 湯っ蔵んど

トレーラー連結状態でも停められる大きな駐車スペースもあります。

ホテルみたい

建物もかなり大きくてお風呂の種類も豊富!食事のボリュームはちょっと少ないけど広間も十分大きいし売店も充実しているのでお土産まで買えちゃいます。

お風呂を出るとすぐジェラート屋さんがあるんですが、めちゃめちゃ美味しいのでオススメですよ。

 

そこから20分ほど山道を登って菅平高原スキーリゾートに到着しましたが、実は子連れキャンピングトレーラーでの訪問というのもあり駐車場選びに時間がかかりました。

菅平高原スキーリゾート周辺に駐車場はいっぱいあるんですが、

●太郎・ダボスエリアのゲレンデに近い

●24時間出入りできる

●アクセス道路が広い

●水平が取りやすい

●何かあった時にトレーラーを連結して移動できるほどの通路が確保できる

となると「裏太郎駐車場」か「表太郎駐車場」くらいしか無いんですが、今回は広い方の「裏太郎駐車場」に決めで仮眠を取りました。

ここがは夜間入れるトイレもあり、スキー場営業時間中は暖房も効いた男女別更衣室もあります。

キャンピングカー・キャンピングトレーラーの方はここの駐車場に来ておけばとりあえず間違い無いんじゃないかな?(実際キャンピングカーが多かった)

 

さて、ここに来るまで道路に一切雪がありませんでしたが、ゲレンデの状態に期待を込めて乾杯!

頂き物の高級ビール

 

翌朝

雨の音で目が覚めました。はぁ~、雪じゃ無くて雨ですか。。。

雨が降ってる中スキーをするつもりも無いので、雨が止むまで午前中はトレーラーの中でのんびり。お昼前くらいになったら雨が上がってきたので活動開始しました。

まずNSDキッズプログラムという小学生対象の共通シーズン券の受け取りをしに、菅平ハーレスキーリゾートの事務所へ。

菅平ハーレスキーリゾート事務所

ゲレンデの状態

事務所横にある太郎コースですが、人工造雪・人工降雪をしないと全然雪が無いんですね。人工雪って凄い・・・。

さて受け取りましたNSDキッズプログラムシーズン券。

かわいい

ポッチャマデザインのシーズン券でした。

 

ゲレンデに出たらまずは記念撮影。

画面中央

菅平高原スキーリゾートのライブカメラを使ってみました(笑)

出典元:長野県上田市菅平高原1223-1950 菅平サンホテル様配信中の菅平高原スノーリゾートゲレンデライブより2023/12/31 12:09:55部分を引用 https://www.youtube.com/watch?v=hf4-AL-cF7Y

 

意外に良い!

ゲレンデの方はと言いますと、所々薄いところはありますがあまり雨の影響は感じない良い雪質でした。

滑り始めたのは昼頃だったので大人は5回券にしちゃったんですが、これだったら1日券買っちゃった方が良かったな~(>_<)前日の1日券購入の失敗を引きずってしまった。

ま、今日はNSDのシーズン券を受け取るのがメインなので滑り足りなくても問題なし!

 

明日1/1まで滞在するか迷いましたが、滑れるコースが少ない時期に居続けてもアレなので31日で帰宅することにしました。

帰宅途中

北関東自動車道 太田強戸PAにて休憩。

息子が見たがっていた紅白歌合戦は自宅で見ることができました。(^^)

 

今年は雪が少ないので、しばらくは雪を求めて各地のスキー場をフラフラ~っとする旅が続きそうです。

 

■統計情報
今回牽引距離:680km
合計牽引距離:24,410km
今回出動日数:2泊3日
合計出動日数:135泊200日